‘業績・学会・交流会など’ カテゴリーのアーカイブ

2013年2月15日 金曜日

丸中良典教授 Marco Polo della Scienza Italiana (マルコ・ポーロ イタリア科学賞)を受賞

丸中良典教授が、イオン輸送・イオン環境制御機構解明とその生理学的・病態生理学的意義解明に関する研究成果に対して、イタリア政府より Marco Polo della Scienza Italiana (マルコ・ポーロ イタリア科学賞)を受賞しました。

2013年2月3日 日曜日

糖尿病と組織間質液pHに関する論文が Biochem Biophys Res Commun に accept されました

糖尿病において、組織間質液pHが低下し、インスリン抵抗性を産み出す原因となる可能性を見出しました。

 

また、プロポリスが組織間質液pHを改善して、インスリン抵抗性を改善させるとともに、糖尿病で見られる血糖値上昇・血圧上昇も改善させることを明らかにしました。

2012年10月2日 火曜日

第3回国際癌水素イオン動態学会

第3回国際癌水素イオン動態学会を主催致します。

 

http://ispdc3rd.umin.jp/index.htm
http://www.ispdc.net/executive-board

2012年9月14日 金曜日

細木助教の論文がCell Physiol Biochemにアクセプトされました

NHE 阻害剤が細胞内クロライドイオン濃度を低下させて細胞増殖を抑制することを明らかにした細木助教の論文が、Cell Physiol Biochem にアクセプトされました。

2012年7月23日 月曜日

論文が Biochem Biophys Res Commun にアクセプトされました

チューブリン重合におけるクロライドイオンの役割を解明した論文が
Biochem Biophys Res Commun にアクセプトされました。